空き家管理事業

空き家管理

特定空き家について

・そのまま放置すれば倒壊など著しく保安上危険となるおそれのある状態
・そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
・適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

にある空家を「特定空家」といいます。
近隣に影響を及ぼし、早急な処理が必要な空家が対象となります。

固定資産税等の住宅用地特例

 固定資産税等の住宅用地特例は、住宅政策上の見地から、居住の用に供する住宅用地について税負担の軽減を図るために設けられた措置であり、土地が住宅用地に該当する場合には、固定資産税等が減額されます。

従来は「特定空家等」のみが対象だった固定資産税の住宅用地特例(1/6等に減額)の解除が、2023年の法改正では「管理不全空家等」も対象になることが組み込まれました。

土地の固定資産税が6倍になる可能性が!!

特定空家に認定されない為には

空家が特定空家認定されない為には、次のような方法があります。

 1.解体する
 2.売却する
 3.活用する
 4.管理する

1.解体する
 特定空き家に認定される前に、何らかの方法をとらなければいけませんが、その方法の一つが解体です。
 解体には当然費用がかかりますが、自治体によっては補助金制度が利用できるケースもありますので、うまく活用できるとコスト削減も可能です。

2.売却する
 将来住む予定がない場合は、空き家を売却するのが効果的です。ですが、長期管理をせず放置していた場合や、ニーズがないエリアなどは、中々買い手がつかない場合もあります。
 売却をお考えの場合は、定期的に管理する事が必要になってきます。

3.活用する
 賃貸物件としてニーズがある物件の場合は、賃貸として活用できる場合もあります。
 貸家・シェアハウス・民泊などがあり、賃貸として活用する為には、家の中を清潔に保ち、管理がされていると、需要の幅も広がります。
 最近人気の古民家カフェとして活用される例も増えています。
 最近では、古い空き家をDIY型賃貸として、家賃相場より安い賃料で借りられ、自分好みに内装をカスタマイズできる物件としても活用されています。
参考:国土交通省「DIY型賃貸借に関する契約書式例とガイドブックについて」

4.管理する

  空き家を放置していると

・カビの発生
・白アリ・害虫の侵入
・排水トラップ不対策による、汚臭・ガス等が室内に侵入

・雨漏りなどによる劣化
・庭木、草の放置による蚊などの大量発生

などの、住宅トラブルが発生します。

空気の入替え、庭の除草など、定期的に管理することで、家の中を清潔に保ち、劣化を防ぐ事ができます。
作業員巡回を行うので、雨漏り、故障個所など早期発見・対処ができ、将来的なコスト削減にもつながります。

料金プラン

施設入居、海外赴任、転勤、入院などで、長期不在や、遠方でご自宅を管理できない方、
将来売却をお考えの方、賃貸をお考えの方

スポットサービス

スポットAスポットB
戸建8,000円/月14,000円/月
マンション6,000円/月10,000円/月
巡回頻度ご要望時
サービス庭木確認・施錠確認
郵便物回収・写真撮影
簡易除草・巡回レポート
換気・通水・雨漏り確認
庭木確認・簡易清掃
施錠確認・郵便物回収
写真撮影・簡易除草
巡回レポート
  • 空家の定期管理
  • 内装リフォーム・リノベーション
  • 空家の不動産活用
  • エクステリア工事
  • 家屋解体工事

お問い合わせ・ご依頼はこちら

TEL 0567-55-8320

メール:info@prizm7.com